ITEMS SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

CART

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

CALENDER

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤色は休業日です

営業時間:11時〜19時

ルイヴィトンの歴史

1835年
初代ルイ・ヴィトンは当時養母との仲が悪く、14才という若さで、少しのお金とともに家出します。
まだ少年だったルイ・ヴィトンは2年もの間、旅をしながら、ようやくパリへたどり着きます。
そこで、荷造り用木箱製造兼荷造り職人として働き始めます。
1854年
世界初の旅行カバン専門店「ルイ・ヴィトン」を設立します。
輸送機関の発達に注目し、従来型の丸いトランクから、積み上げることのできる平たなトランクを開発しました。
初めてのトランクとなったのが、革より軽く防水加工を施した無地でグレーのコットン素材である「グリ・トリアノン・キャンバス」を使用しました。これは、当時ものすごい人気になりました。
1888年
「ダミエ・キャンバス」発表。
1896年
2代目ジョルジュ・ヴィトンがLVのロゴや、花・星を組み合わせた模様「モノグラム・キャンバス」を開発しました。
これは、日本の家紋からインスピレーションしたとも言われています。
1901年
モノグラム初のバッグ、スティーマーバッグが登場しました。
1924年
キーポル発表。
1959年
3代目ガストン・ヴィトンが現在のモノグラムの素材、トアル地を発表しました。
この開発によって、ソフトタイプのバッグの製作が可能になりました。
1981年
ルイ・ヴィトン・ジャパンが設立されます。
これによって、日本でもブレイクのきっかけになりました。
1987年
モエ・ヘネシー社と合併します。
そして、LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)グループとなりました。
1997年
デザイナー、マーク・ジェイコブスを起用したことにより、洋服の分野への進出や「モノグラム・ヴェルニ ライン」の発表など、今までになかった大きな衝撃を世の人々に与えたことはもちろんのこと、ルイ・ヴィトンのイメージが一新したことは、言うまでもありません。
2000年
「マイクロモノグラム ライン」発表。
2001年
「グラフィティ ライン」発表。
21世紀を意識した「ダミエ・グラセ ライン」やこれまでの”革”のイメージをガラッと変えてしまった「モノグラム・ミニ ライン」など、2001年には多くの人々のニーズに答えてくれるラインが続々と発表になりました。
2002年
初のルイ・ヴィトンビルを東京 表参道にオープン。
タンブール、ウォッチコレクション誕生。
2003年
デザイナー村上隆とのコラボレーション:モノグラム・マルチカラーを発表。
2004年
創業150周年を迎える。
2006年
「ダミエ・アズール ライン」を発表。
「モノグラム・ミニ・ラン ライン」を発表。
2008年
「ダミエ・グラフィット ライン」を発表。
2013年
2013年7月
モノグラムラインやダミエラインでも大変人気のあるネヴァーフルに、カラフルなエピラインが登場